既刊号目次

風12号

     

 ■ 第12号 ■ 2017年2月 (162頁)





  「この見合い」           大堀敏靖

  「髪ぬすびと」(中編)       坂井瑞穂

  「霜月挿話」            大堀敏靖

  「雪の霧積」            坂井瑞穂

  「夢と少女」            岩木讃三

  〔風の窓〕              岩木・大堀・坂井


   ★1部600円(送料込み)

   購入希望の方は岩木まで。

   「風12号希望」と書いて、@氏名、A送付先住所をお知らせください。

   

   

   





風11号

     

 ■ 第11号 ■ 2015年12月 (143頁)





  「リスペクト」           大堀敏靖

  「髪ぬすびと」          坂井瑞穂

  「そこにある過去」       岩木讃三

  「睦月懇話」           大堀敏靖

  「南新宿」            岩木讃三

  「風の窓」            岩木・大堀・坂井


   ★1部700円(送料込み)

   購入希望の方は岩木まで。

   「風11号希望」と書いて、@氏名、A送付先住所をお知らせください。

   

   

   





風10号

     

 ■ 第10号 ■ 2014年7月 (161頁)





  「そっち系」          大堀敏靖

  「幻犖山脈」         坂井瑞穂

  「海の向こうへ」       根岸一成

  「裏高尾」           岩木讃三

  「葉月小話」         大堀敏靖

  「一本踏鞴と愛染王」    坂井瑞穂

  「ひかり」           岩木讃三

  「風の窓」           岩木・大堀・坂井・根岸


   ★1部600円(送料込み)

   購入希望の方は岩木まで。

   「風10号希望」と書いて、@氏名、A送付先住所をお知らせください。

   ★なお、全7作品について感想・コメントを寄せていただける方には

   無代で進呈いたします。その際は@氏名、A送付先住所、B性別、

   C年代、Dアイデンティティ(職業等)の記入をお願いいたします。




風9号        
 ■ 第9号 ■   「草食系男子」     大堀敏靖 
 2009年7月  「結婚の風景」      岩木讃三
 (82頁) 「文月茶話」    大堀敏靖
 「イフ・ユー・ビルド・イット」     岩木讃三
 「風の窓」              岩木・大堀












風8号        
 ■ 第8号 ■  「喫茶去」    大堀敏靖 
 2006年7月 「我らの旗」      岩木讃三
 (162頁) 「如月笑話」    大堀敏靖
 「武蔵野の家」    岩木讃三
 「瞳」    西中純也
 「随筆 知命」    岩木讃三
 「風の窓」          .   岩木・大堀










風7号        
 ■ 第7号 ■  「約束」    大堀敏靖 
 2001年3月 「たそがれて」      岩木讃三
 (96頁) 「怒髪天を突く」    大堀敏靖
 「水面下の揺らぎ」    岩木讃三
 「風の窓」          .   岩木・大堀












風6号        
 ■ 第6号 ■   「夏の記」     根岸一成 
 1996年7月 「オウム事件所感」      大堀敏靖
 (64頁) 「この村で」    岩木讃三
 「アメリカの風(U)」    浅野正彦
 「心ゆくもの」    岩木讃三
 「短歌 右近の吐息」    村野倫子
 「永遠の昨日」    西中純也
 「風の窓」         .   岩木・根岸・大堀







風5号        tr>
 ■ 第5号 ■   「夏のおとずれ」    根岸一成 
 1993年8月 「アメリカの風」      浅野正彦
 (94頁) 「水無月閑話」    大堀敏靖
 「いちばんはじめの風景」    渡辺菖子
 「二人の繰り言」    岩木讃三
 「妄想の行方」    根岸一成
 「自然になるまで」    西中純也
 「短歌 天の川」    村野倫子
 「上京」    根岸一成
 「扉」    岩木讃三
 「風の窓」      .    岩木・大堀・高村




風4号        
 ■ 第4号 ■  「帰り道の風景」    根岸一成 
 1991年1月 「約十年」      岩木讃三
 (83頁) 「桜の樹の下で」    高村葉子
 「ぴったんころころぱっちん」    赤池洋二
 「冬のおわりのあとに」    根岸一成
 「海」    岩木讃三
 「短歌 白梅林」    村野倫子
 「変節漢の言い分」    大堀敏靖
 「風の窓」   .    岩木・根岸・大堀・赤池







風3号        
 ■ 第3号 ■  「クーラーの効用」    岩木讃三 
 1991年1月 「おやじのポケットに…」      赤池洋二
 (83頁) 「アフリカの少女」    岩木讃三
 「師走雑話」    大堀敏靖
 「秘密」    高村葉子
 「歯医者に通う」    岩木讃三
 「短歌 空色の耳」    村野倫子
 「時の遠景」    西中純也
 「風の窓」                 岩木・根岸・大堀・赤池







風2号        
 ■ 第2号 ■  「おだやかな時間」  根岸一成 
 1990年4月 「冬から春へ、そして祈り」    岩木讃三
 (69頁) 「わがミー・ハー精神」  大堀敏靖
 「政治に熱くなれるか」  岩木讃三
 「心を揺らす女らしさ(V) 花 」  福田 敬
 「最後の手紙」  南 千里
 「散る/待つ/捨てる」  高村葉子
 「書評・西研『実存からの出発』」  西中純也
 「書評・井上靖『孔子』」  西中純也
 「短歌 未来・初夏」  村野倫子
 「雨あがり」  赤池洋二
 「読書印象録」  岩木・根岸・大堀
 「風の窓」            .  岩木・根岸・大堀


風1号        
 ■ 第1号 ■  「それぞれの季節」  根岸一成 
 1989年12月 「神無月夜話」  大堀敏靖
 (55頁) 「再会と出発、八九年の夏」  岩木讃三
 「心を揺らす女らしさ(U) 口紅」  福田 敬
 「東京再考」  岩木讃三
 「活力の源/少女」  村社晃良
 「武蔵野小金井(二)」  岩木讃三
 「短歌 冬の時計」  村野倫子
 「書評・出会い−阿部昭」  岩木讃三
 「発刊の言」  岩木讃三
 「風の窓」  岩木・大堀