投稿と論争


 
 
 

             大堀敏靖 
 
 
 
 
  新聞投稿、掲示板投稿、ブログ、その他お役所への投書などで、
面識もない人々と論争することがたびたびある。        
 私は人と面と向かって意見を戦わせ、理路整然と自らの意見を開
陳して、互角に応戦し合うとか、相手を論破するとか、そういうタ
イプの人間ではない。言い合いになるとすぐ頭に血が上って感情的
になり、最後は大抵、醜い罵り合いになる。「やかましい」「うる
さい」「きちがい」などと次元の低い言葉を投げ合い、傍から見て
いる人に笑われるのがオチの結果となる。だから、極力、自己主張
は抑えて、宮沢賢治のように「欲はなく、決して怒らず、いつも静
かに笑っている」。そして無用な争いは避けることを心がけている。
しかし、文章で論争するとなると、タイムラグが生じるため、挑
発されて、感情が昂ぶっても間を置くことで冷静になることができ
る。その「冷静さ」の必要なことはこの「風」誌の主宰者である岩
木さんからアドバイスをいただいた。別の同人誌の「掲示板」でK
氏と言い争いなったとき、私は明らかに相手のペースに乗せられて
感情的になっていた。それを見抜かれた岩木さんは「落ち着いてじ
っくりと一つひとつ反論していけばいい。感情的になって言い負か
せたつもりでも必ずまた倍になって返ってくる。あまり頻繁に書き
込むのも読者にとっては見栄えのいいものではないので、間をおい
てじっくり反論していけばいい」こういう岩木さんらしいアドバイ
スをいただいて私はなるほどと思い、感情的に言い返したり、茶化
すようなことは極力避け、真摯に反論していくことを心掛けるよう
にした。そうして書き込んでいると掲示板の管理人さんからは掲示
板読者が増え、盛り上がったと感謝された。          
 また冷静さの模範を学んだのは、お役所の人との手紙による論争
だった。彼らは鉄面皮のように感情を抑え、奥にしまい込んでどん
な挑発的言辞にも、明鏡止水のごとく対応している。ガバーメント・
エンプロイイー、パブリック・サーバントとしてのプロ意識に徹し
ているその応対ぶりは実に見事だった。            
 論争しているのではなく、こちらは単なるクレーマーなのではな
いかと自らを疑ってしまい、反省し、文体も自然、丁寧になって、
応酬の手紙には相手の健康を気遣い、時候の挨拶まで入れるように
なる。クレーム処理の基本は「相手の気持ちになる」そうだが、ま
さに岐阜県教育委員会総務課長さんは私の気持ちになって、すべて
の手紙に丁寧にお返事をくださった。こういう姿勢は見習いたいと
思う。                           
 教育委員会と何を論争したかといえば、個人的なクレームなどで
はなく、県の受験制度に対する考え方に対する疑問であった。  
 私自身の高校受験が「学校群制度」という全く不自然な受験制度
によって、せっかく合格しても行きたい高校に行けなかったという
恨みが、岐阜県教育委員会に対してあるという背景があった。「学
校群制度」というのは、過度の受験競争を緩和するため、序列の決
まった学校ランキングをチャラにしてしまおうという、悪平等の誤
った思想から編み出された変態的受験システムだった。「ゆとり教
育」は80年代から始まるが、学校間格差をなくして、競争を緩和
しようという考え方であるから、「ゆとり」の先駆けとなる制度だ
ったのだろう。                       
 中学生にそんな思想背景がわかるわけないから、私は所与のもの
として素直に受け入れ、勉強に励んだ。私は、私が通った加納高校
と岐阜北高校が組み合わされた第四群を受験したわけだが、当時心
密かに思う彼女も第四群を受験した。そうして合格発表の日、彼女
の名前は岐阜北高校にあり、私の名前は加納高校にあった。だから
私は合格の喜びを味わうことができなかった。加納高校は岐阜随一
の進学校である岐阜高校とセットになっているため、優秀な生徒が
大量に流れ込んできて、新たな学校ランキングとして加納高校が岐
阜高校を抜いてトップになるという現象が起きていた。私はそんな
進学校で悲壮な思いで汲々として高校生活を送ることなど望まなか
った。岐阜北高校の自由な校風の中で悠然と彼女と共にスクール・
ライフを送ることを夢想していたのである。          
 然るに不本意にもその夢は破れ、彼女とも同じ高校に通えなくな
った。北高は長良川を挟んで川向こう、加納は岐阜駅より南にあっ
て方向が真逆だった。                    
 行きたい高校に行くことができないこんな受験システムは絶対お
かしいと思っていたが、そう思っているのは私ばかりでなかったの
だろう。批判に耐えかねた県は施行九年でこの制度を廃止にした。
受験した高校に合格すれば全員がその学校に入学できる元来の仕組
みに戻った。こういう場合、行政は「一定の役割は果たした」と言
う。現場に大混乱をもたらし、振り回しておいて、「じゃあ、この
九年は何だったのか」という問い糾しに対して、「学校群制度は意
義はあったが役割は果たした」と述べて、謝罪はしない。「無意味
な制度を導入して行きたい学校に行けなくして十五の春を悲しませ
てすみませんでした」と詫びることはない。          
 「役割」とは何か。過度の受験競争を緩和できたのか。学校群格
差をなくすことに成功したのか。一・一倍程度の競争率が過度の受
験競争とはいえないし、学校間の格差は新たな序列ができただけの
話で偏差値ランキングは厳として存在し続けた。要するに全く無意
味だった。それで旧に復しても反省もなく、「役割を果たした」と
自画自賛している。                     
 私は県の教育行政に不信を持っていたわけだが、塾講師として受
験に関わるなかで、県は今度は、またしても訳のわからない「特色
化選抜試験」という制度をそれから四半世紀後に導入したのであっ
た。                            
 この制度の思想的背景を私はたまたま読んだ本によって見抜いて
いた。それは現役文部官僚によって書かれた『ゆとり教育亡国論』
という本だった。文科省によって進められている「ゆとり教育」に
対して文科省内部から批判する人が出てきたという内部分裂的図式
で文科省も一枚岩ではないことが暴露された。この本の著者大森不
二雄氏は著書の中で岐阜県に出向したことを記していた。そうする
と当然、県はこの中央のお役人の影響下に置かれることになる。地
方の役人は大森氏を上座に立ててそのお言葉を有り難く承って従っ
たことは想像に難くない。                  
 「ゆとり」の解消には競争である。競わせれば敗北の屈辱を避け
るために、能力を総動員して、学校現場も生徒も尻に火がついたよ
うに頑張って、現場は活性化するはずである。そう考えた県は諮問
会議を発足して大学教授など専門家からのヒアリングも行って、各
高校の独自試験による「特色化選抜試験」導入に踏み切ったのだっ
た。                            
 これによって、学校独自の試験による選抜で各高校の特色が出る。
その高校にふさわしい生徒を集めて、特色ある校風がより顕著にな
り、高校もそして受験生を育成する中学も活性化して、学力は向上
し、ゆとり教育は解消されるであろう。現場を知らない理想主義者
はおめでたくそういう夢想をしたのだろう。憲法第九条を世界遺産
にしようというような思考と似ている。「お花畑」「ユートピア」
「ノー天気」といっていい。周囲に及ぼす迷惑をこういう人たちは
考えない。 これによって現場は大混乱を来たした。各高校がどん
な試験を出すのか、皆目見当もつかないなかで一年目を迎えたが、
各校は気合いを入れて作ったため、恐るべき難問、奇問のオンパレ
ードとなって、二年目からそれぞれにいかに対応するか、学校、塾
は頭を抱えた。特色選抜試験で合格するのは三割程度で、残りはあ
とで行われる一般選抜で合格するのだが、だれもが受けることがで
きるため、当然早く受験勉強から解放されたい心理が働いて、殺到
する。だめなら一般選抜で受かればよいと思って、皆受けて、競争
率は七〜八倍になった。そして大半が不合格になった。こいう場合、
合格しても、大半の仲間は不合格のため飛び上がって喜べない。教
師は合格を告げると同時に声をひそめて「今日はこのまま黙って帰
りなさい」と釘をさす始末である。仲良しの二人が片方だけ合格だ
ったため、口が利けなくなって疎遠になったという例もあった。 
 こういう悪評のため県は、三年後くらいから、特色化選抜試験の
統一化を実施した。各学校の独自の試験ではなく、統一された同じ
試験にするという。さらに三割ではなく半数までの生徒を一般選抜
に先立つ特色化選抜で取ることを決めた。           
 こうなってくると、所期の理念などもう関係なくなっている。試
験内容をいじったところが学校の独自性が際立つものではない。特
に高校や中学が活性化されるというわけではない。二回に試験を受
けることで現場の手間が増えただけの話である。        
 卒業式の時点で、半分強の生徒はすでに合格が決まっているが、
半分の生徒はこれから受験という歪な状態になっただけの話である。
合格した生徒とこれから受験という生徒が混在する教室のやりにく
さは想像に難くない。頭の悪い大学教授や県の役人はこういう事態
になることが想像できず、ゆとりが解消して、競い合いながら、活
性化する教育現場を夢想していたのだろう。          
 私は黙っていてはいけないと思い、まず県の教育委員長に文句を
言おうと思い、電話した。「担当に代わります」と取り次がれたの
は、事務方の総務課長だった。                
 何をしゃべったかよく覚えていないが、特色化選抜は間違ってい
ると思うという内容を理路整然と述べるつもりが、感情が昂ぶって、
声が上ずり、呼吸も荒くなったことは覚えている。向こうではクレ
ームの一つとして、受け流しとけばいいという程度だったのだろう。
 巨大な行政組織に私塾の一講師が徒手空拳で立ち向かっても簡単
に跳ね返されてしまう。                   
「とにかくまちがっとることは確かなんやで。すぐやめてください
ッ」                            
 私はそう叫んで電話を切った。これでは単なるクレームで何の効
果もない。別の手段を考えなければいけない。別の手段と言っても、
私には文章しかない。文章なら冷静に意見を述べることができる。
焦らなくても言いたいことが言える。             
 私は三十年前の学校群制度の恨みまで遡って思いの丈をぶちまけ
た。その中に「アホか」という表現も入っていたので、書きながら
も感情が昂ぶっていたようである。強いものに立ち向かっていくに
は「ただ己を信じて進めばいい」と誰かが歌の歌詞の中で言ってい
た。                            
 一ヶ月後に県から封書が届いた。私のようなものの粗雑な意見書
にわざわざ返答をくれる県職員の誠実さには敬意を表したかった。
しかし内容は失望した。                   
「貴重なご意見をいただきありがとうございます。真摯に受け止め
今後の教育行政に反映させていただく所存でございます」    
 結局、言いたいことはそれだけで、県の方針を繰り返すのみで聞
く耳を持たないという官僚的態度だった。「官僚的態度」とはどん
な態度かよく知らないが、物腰が丁寧で人当たりはよいが、結局す
べてを撥ね付けて、自分たちの都合のよいように、出世の妨げにな
らないよう事を進めるという、小役人の態度だった。      
「あなたのような小役人では話にならないから、教育長の考えが知
りたい、取り次いでほしい」と何度も懇願したが、「貴方のお手紙
は教育長にも逐一報告しております」というのみで、「貴重なご意
見ありがとうございます」と繰り返すばかりであった。     
 私は相手に合わせて、言葉遣いは丁寧になりつつ、内容は総務課
長の人格批判に至るまで苛烈になっていった。「小職の学歴等に関
するお問い合わせはご容赦願います」             
 課長さんは矢面に立たされているが、この人が決めた制度ではな
い。この人は仕事として事務を担当しているだけで、県の教育を、
志を持って改革しようなどとは考えていない。大学教授などの有識
者の諮問会議の答申を受けて制度の履行を上から言われたままに粛
々と進めているに過ぎない地方役人なのである。事務的な内容の希
薄な返書にしても多忙な中で書かれたもので手を煩わして申し訳な
いと思った。同情の気持ちも湧いてきた。よくよく考えてみれば、
悪いのは無責任な答申をした大学教授、そしてそれの採用を最終的
に決定した教育長である。                  
 私は総務課長にこの制度を提案した大学教授はと誰何した。「そ
れはご勘弁いただけませんか」事なかれ小役人はそんなことを私に
漏らして、私が大学教授を襲撃するなどの不測の事態になれば、自
分の首が飛んでしまうことを恐れたのだろう。教えてくれなかった。
 十数回に及ぶ総務課長と私の往復書簡で、児童中心主義などにつ
いても教育荒廃の元凶だと私が述べて論じ合ったが、結局、埒が明
かないと悟った。                      
 私は自身のブログに「岐阜県高校入試特色化選抜試験制度批判」
を数回に渡って書き記した。数人の方の同調するコメントが寄せら
れた。                           
 それからしばらくしての、年明け早々だったが、岐阜県教育長談
話で、特色化選抜試験制度は一定の役割を果たしたので廃止し、元
の一回の一般入試制度に復する旨発表された。         
 写真で見る限りまったりとした、おばさんの教育長であったが私
の手紙を読み、徐々に制度に対する懐疑の念が兆し、他所でも批判
的意見を聞き、私のブログを読んで決定打となって廃止に踏み切っ
たのだろう、と私は思った。行政を動かし得た。そして、おかしな
受験制度のために、志望高を下げたり、無用なショックを受けたり、
友情にヒビを入れたり、教場の困難を招いたり、二度の試験のため
の税金の無駄遣いなど、それだけの害悪を除去することができたと
いう喜びがあった。確実に県民のためになったと思う。     
 合格者を半数に増やすという前回の改革からわずか二年で廃止で
あるから私の手紙やブログの効果も確かにあったと思う。    
                              
 静岡県の川勝知事が全国学力テストの結果を公表することが、問
題になっていた頃、私は「公表には賛成であるが、成績の悪い学校
を公表するのではなく優秀な学校を公表するべきだ」と中日新聞に
投稿して掲載されたことがあったが、その翌日、知事は「成績のよ
い学校を公表する」という方針に切り替えたことを発表した。  
 私は絶対に静岡県知事は私の投書した「意見」を読んだのだろう
と思った。知事からは何の連絡も感謝の言葉もなかったが、私はそ
れで静岡の教育が改善されればいいと思っている。そして密かに、
私のペンの力で、この二件の教育行政を動かし得たと自負している。
 今は、中学校の二学期制を三学期制に戻すこと、そして文科省が
推進しようとしている「ゆとり教育」の二番煎じのような「アクテ
ィブ・ラーニング」導入を阻止することが課題としてある。二学期
制についてはすでに地元三校の校長に手紙を書いて送ったが何の返
答もない。すでに全国で意味のない二学期制から三学期制に戻す動
きは加速しているが、岐阜県はまだついこの間導入したばかりの学
校が多く、面子にこだわって改められないのだろう。      
 文科省の執拗な「ゆとり」推進は何としても阻止しなければなら
ない。児童中心主義とマルキシズムこそ教育荒廃の元凶であったこ
とは、西欧では、とうの昔に総括して改めているものを日本では未
だにその元凶に惑乱した官僚がいて、我が国の教育界進展の足を引
っ張ろうとしている。文科省からそういう国賊分子を一掃しなけれ
ばならない。                        
                              
 その他、私の新聞の投書の保守的な意見に対して「若い者が何も
わかっていない」と諭すような手紙を複数のご年配の方かいただい
た事があった。今となっては戦争を知る世代といっても、八十歳以
上の方だろう。小学生で空襲を経験して、防空壕に避難した記憶が
おぼろげに残っているくらいで、七十代ともなると幼児でほとんど
何も経験らしい経験などないはずだが、さも戦争を知る世代のよう
な筆ぶりでお手紙をくださる。                
 戦争がどんなに悲惨で日本人が中国で何をしてきたか、赤ん坊を
放り投げて銃剣で刺したとか、現場を見たわけでもないのに真実で
あるような事を言われ、「あなたのような考えはとても危険だから、
もっと勉強して平和を守っていく考え方に改めてほしい」と上から
の説教口調である。人を好戦論者と決めつけ、憲法を守ることが、
イコール平和を維持していくことで、改憲などトンデモないという
お考えを頑として譲ろうとはされなかった。丁寧にお返事を書いた
が、身体の具合がよくないのであなたにつきあってはいられないと
か、全くこちらの主張は無視して、九条を守ることこそ平和な世界
を築く基本だと繰り返すばかりのお返事だったりした。     
 私が上京する度に靖国神社に参拝していると書くと、絶対にウソ
だと決めつけ、そんな人間が今の世の中にいるはずがない、となじ
られる年配者もいた。私は東京に出向くと東京駅から歩いて皇居に
向かい、砂利を踏みしめて二重橋前で拝礼する。そして東西線に乗
って九段下で降り、長いエスカレーターで地上に出て坂を上って大
鳥居をくぐり、靖国のみ社に参拝することは習慣になっている。 
 私が「大丈夫です。ご老人に危害を加えるようなことは致しませ
ぬから」とつい書いてしまったことに異様に反応され、わざわざ書
留郵便で手紙を寄越し、「Aという元極道の男にお前を監視するよ
うに頼んだ。何かあったらすぐにお前の家に乗り込んで暴れるだろ
う。用心しておけ」 私のバックには暴力的な右翼団体が控えてお
り、恐怖の想像から虚勢を張って書かれたものと思われたが、Aと
いう元極道がそのうち訪ねてくるのではないかと私も少し警戒した。
老人を恐怖に陥れたかと思うと私も反省し、こんな不毛な論争をし
たところが何の意味もないと思い、私は、生きていればちょうど父
と同じ世代の老人に対し、思い切り心情を慮った手紙を書いた。 
「聞きかじりの青臭い議論を吹きかけ、不快な思いをされたことを
お許しください。私も平和は大切だと思います。貴方の平和を求め
守ろうとされるご主張には敬意を表します。言葉が過ぎた部分があ
りましたことをお詫び申し上げます」             
 そうするとすぐに返書が届き、               
「いや、そのように素直に詫びられますと、私も大人気なかったと
反省させられます。Aにはもう貴方への監視は必要ない旨伝えてお
きます。ともに日本の将来をこれからも考えて参りましょう」  
 論破して相手をねじ込めた喜びとは違う、心が通じた喜びがあっ
た。戦場で敵と休戦に酒を酌み交わすに似たことかもしれない。面
識のない老人と書簡で議論し合って、包み込むような考えになった
とき心が通じ合った。議論は議論として決着がついていないが、こ
ういう収まりかたもありかと思う。              
 その他、ブログでも、私がアメリカの同性婚容認は絶対おかしい
と書くと、猛烈な反論をした人がいた。同業者(塾講師) らしかっ
た。自分はちゃんと女性と結婚して子供もあるらしいが、要するに、
そういう少数者の権利ということに対して認めない奴は、イデオロ
ギー的に絶対に許せないという考え方であった。私は日本人の常識
として、女同士、男同士が結婚するなどということはどう考えても
違和感があったので、ブログにありのままに感想を書いただけだっ
たが、その御仁は食って掛かって、私を執拗に人格的批判をしてき
た。                            
 同性しか愛せない人はいるのかもしれないが、結婚しても子供は
生まれない。男女のように交情することはあるのだろうが、実は結
ばない。お互いに同意したのなら、楽しめばいいが、世間の目は異
様と映る。だから密かにやればいいのであって、公にすることでは
ないだろう。はっきり言って大便を茶碗に盛ったくらいの気持ち悪
さと非日常感がある。文学や芝居の世界なら芸術的美的な部分もあ
るが、日常にそんなことをもってこられてはたまらない。自分の子
供が同性と結婚すると言ったら認めるつもりなのか。      
 変態性欲として扱うべきで、変態嗜好者は別に認知されることな
ど求めず密かに楽しんでいるのであるから、同性愛者も密かにやっ
たらいいのではないか。神の摂理に反することだと私は思う。  
 私に食ってかかった御仁はかなりの理論家で難しい左翼的理論を
まくしたててきたので、私は付き合い切れなくなり、「おかしいも
のはおかしい。理屈ではなく、感性の問題です」といって、これも
不毛な議論を打ち切った。そうするとこの御仁は私のブログにいち
いちケチをつけて揚げ足を取ったり、おちょくったりするコメント
を書いてくる。それは今も続いている。論争というのは男らしく堂
々とやりたいものだと思う。                 
 投稿してその反響として論争になるばかりではない。好意的な賛
同の電話や手紙をいただいたこともある。           
 海外への修学旅行でパスポートを忘れたために置いてきぼりを食
った生徒をある母親が思い立ってヨーロッパまでその子を連れて旅
立ち、見事に合流させた話を私が投稿したことがあったが、これを
自分の本に載せたいからと了承を得るための電話をいただいたこと
があった。かなりのご高齢の元教育者の男性で、『新聞切り抜きで
家族に絆と知恵を』というタイトルの本を送ってくださった。人生
最後の仕事としてやっているのだということで、断る理由もないの
で快諾した。この本に私の投稿した「意見」の切り抜きが載ってい
る。私はこの話で「群系」に小説も書いて数人の人から褒められた
ので、やはりインパクトのある実話だったのだろう。      
 それから、「特攻隊の魂は永遠に滅びない」という新聞投稿が載
ったときは、弟を特攻隊で失ったというこれも高齢の老人から電話
と手紙をいただいた。「よく書いてくださった。これで弟の霊も浮
かばれる」と涙ながらにおっしゃった。何回も手紙をやり取りした
がぜひ会いたいということで「関の孫六」で有名な刃物の町関市ま
で出向いてお宅にお邪魔した。そして近くの鰻屋で鰻重をごちそう
になり、元市会議員のその老人と親しく話をさせていただいた。自
民党の塩爺と面識があるということもうかがった。       
 ところが老人の娘さんは私の来訪に当惑されているようで、老人
は娘さんから「余計なことをするな」と叱られていたようであった。
二回目に訪れたときはもう寝たきりとなっておられて、娘が便箋を
渡してくれないから、便箋を買ってきてほしい、それからカップ焼
きそばとフルーツが好きなので、それも頼む、と電話で言われ、私
は便箋とUFOやペヤングなどとのカップ焼きそばとカットしたパ
イナップルを買って出向いた。                
 離れの畳の間に横臥しておられたが私を見て起きようとされるの
で「あ、そのままで」というとまた身体を横たえられた。カップ焼
きそばをたいそう喜ばれた。そのとき、鹿屋から飛び立った弟さん
の遺書は持ってらっしゃるかと問いかけると「ある。保管してある
が、読んでいない。とても辛くて読めない」と言われた。遺族とし
てはそうだろうと思った。                  
 それから老人から手紙が来ることはなかった。娘さんが便箋も取
り上げてしまったかもしれない。そのとき九十四歳のご高齢であっ
たから、もう亡くなられたかもしれない。弟さんの遺書は兄さんに
読まれないままどこかに眠っている。             
                              
 その他、文芸同人誌「群系」の掲示板の書き込みで、論じ合うこ
とがある。私の保守的な意見に対して、リベラルな考えの人たちが、
リベラルとは言いながら、安倍政治を応援するような保守的言論は
絶対許さないという言論弾圧的な反論をしてこられる。自分はリベ
ラルかもしれないが、人に対しては少しもリベラルではない。民主
主義や立憲主義の危機と自分たちが少しも民主的ではなく、安倍政
治は悪いと決めつけて改憲などいう輩は戦争礼賛者だと決めつけて、
攻撃してくる。憲法を尊重する立憲主義ならば、時代とともに国民
にふさわしい憲法に変えていっても差し支えないと思うが、一字一
句の改編も戦争への道につながると猛反発してくる。      
 しかし、こういう人たちへの主張は、こんなことを言ったら怒ら
れるかもしれないが、蜂の巣を突つくような刺激があって大変愉快
である。棒でちょっと突ついて急いで逃げるあのスリルが味わえる。
逃げてもまた戻っていって、反応を確かめる。また突いて逃げる。
たまに追いつかれて刺されることもある。古今東西の知識が豊富な
人にはとても叶わないので、要するにスズメバチのような凶暴な蜂
の巣には近づかない方がいいが、愛国の至情やむに已まれぬものが
あり、そこにスズメバチの巣があっては市井の人々が迷惑をこうむ
ると思う場合は、貧弱な知識でもレトリックでなんとかごまかして
憂国の思い一点張りで立ち向かっていく。相手が反論するかぎりは
反論を返し、ひるんだところは決して見せない。        
 そうすると、相手の方が愛想をつかしたのか、反論できないのか、
返して来なくなる。                     
 私は三十年以上、日本の国は世界に誇るべき素晴らしい国で、近
代史も含めて恥ずるようなところはないと信じ、現行憲法は占領時
代に敵国から押し付けられた日本にふさわしからざる、それどころ
か必ず害になる代物だと思っているので、歴史にケチをつけ、同時
に憲法を礼賛する人たちに知識で負けても情念で負けるものではな
いと思っている。日本人でありながら、先人の苦労を踏みつけにし、
舶来憲法を宝玉のように崇め奉るその倒錯を断固糾弾粉砕しなけれ
ばならないと思っている。                  
 なるべく言葉は丁寧にし、感情のあまり暴言にならないようにリ
ベラルな人々に語り掛けるつもりで情念を抑えて論争してきた。し
かし、リベラルな考えの人の多い文学掲示板で相手を論破したとし
ても、それでリベラルが保守に転向するかというと、人間五十や六
十になって拷問でも受けない限り、そう思想がクラリと変わるもの
ではない。風見鶏的にトレンドを見ながら変節してしまう人もいる
が、文学を志すような人は偏屈な頑固者がほとんどで、長年培って
きた己の思想信条を誰がなんと言おうと変えない。「改憲だ」「い
や護憲だ」と水かけ論になって、人格否定の感情論になり、罵り合
い、小突き合い、乱闘に行き着いてしまうだろう。パソコンを介し
た掲示板ではそこまではいかないが、醜い罵り合いは避けなければ
ならない。                         
 面識はないが、しかし、同じ文芸誌の同人同士で人格否定の論争
をしていてはいけない。掲示板読者がいて、サイレントながら、じ
っと見守っていらっしゃる。毎日二百人くらいの閲覧者がある。「
バカなことをこいつは言っている」「その通りだ。もっと書いてや
れ」など感想は様々だろうが、投稿する人間は数人でガチャガチャ
やっているが、サイレントマジョリティーの閲覧者の目こそ実は恐
ろしい。                          
 きゃんきゃん吠えるスピッツよりも、黙っている土佐犬の方が怖
い。下っ端のやくざが粋がっているより、薄ら笑いを浮かべている
ボスの方が百倍怖い。掲示板の管理人さんが「まあこのくらいにし
てもっと文学を論じませんか」と「ブレイク」が入ったところで、
それを潮に私は無闇な投稿は控えるようになり、どうしてもいいた
い時だけに限定してピンポイントでリベラル左派のコメントを攻撃
することにした。さらし者になって、知識の足りなさを露呈して笑
われるより、無闇に語らず見守りつつ、時折重い一言を一刺しする
方が効き目がある。                     
 もう一つ感ずるのは、同じ文芸誌の同人ということと、同じ日本
人として、今後の日本の政治や国のあり方を論ずるわけだが、その
国という観念が希薄な人々との論争は目指している方向性が全然違
うのでかみ合わないということである。            
国家というものを個人を包み込む大事な価値要素と考える保守に対
して、国家はややもすれば個人を縛り付け、個人に犠牲を強いたり、
最悪抹殺したりする危険なものととらえる人々と論争しても、水と
油のごとく絶対に融合して調和することはあり得ない。これはまず
いと思う。                         
 国家も溶解させてしまう考え方で、国の今後を論じ合うには難が
ある。相撲の土俵やレスリングのリングが半分崩壊しているような
もので、そんなところで相撲もとれないし、レスリングの技もかけ
られない。国家という安定した土俵があって、ルールに乗っ取って
試合をするのならいいが、その土俵やリングやルールまでも疑って
破壊しようとするような相手とは話し合いにもならない。    
 同人という共通の基盤があるので、そこである程度セーブしてい
るが、それがなければ、行き着くところは決裂乱闘である。観衆の
姿は見えないが、二百人くらいの目があると思えば、感情にとらわ
れた暴言を書き込めばこちらの人格が疑われることになり、時折、
論争する相手以外の別の人からの匿名の突っ込みや横やりが入るこ
とになる。一対一でなく相手が複数になるとさすがに苦しい戦いと
なり、一番厳しいのはシカトされることである。返答がなくなり、
別の論議が展開され始める。これは辛い。「もうあんな奴は相手し
ても仕方ないからスルーしよう。意味のない論議をしたって仕方な
い。勝手に吠えさせとけばいい」と相手にされなくなるのが、茶化
されたり罵倒されるよりも一番辛い。こうなるともう引っ込むしか
なくなる。                         
 掲示板読者には老若男女、東西、左右、いろんな人々がいるのだ
から、自分に関心のない論議が展開されていればおもしろくない。
文学の掲示板では基本、文学を論ずるのが正当であるから、政治論
や情勢論や個人的な趣味に偏った書き込みばかりではよくないのは
わかる。やはり空気を読まなければいけないので、左派リベラルに
よる安倍政権批判や護憲論、反原発論、陰謀論に対して黙ってはい
られなくなるが、相手の挑発に乗って、引きずられて書くことがな
いように注意したい。                    
 もういい加減止めにしようと思ってもついつい書きたくなってし
まうのは、やはり議論や書くことが自分は好きなんだろう。   
                              
                              







「風」 第12号 2017年春 掲載
[原稿用紙33枚]